慣れないヒールがあるパンプスを履いていたので、かなり足が痛くなる

短期間で稼げるが、きつかった結婚式のコンパニオンアルバイト

慣れないヒールがあるパンプスを履いていたので、かなり足が痛くなる

結婚式のコンパニオンのアルバイトをした方の体験談を紹介します。

 

学生の頃、アルバイトで結婚式のコンパニオンをしましたが、1日限りのバイトで日給制でしたし、けっこうお給料も高く、いいな〜と思ったので、コンパニオンのバイトをしました。

 

ヒールがあるパンプスを履かないといけませんし、かなり足が痛くなり、結婚式のドリンクなど配膳をしたり、片付けや色々と行わないといけなかったので、アルバイトが終わった後は、足がかなり痛くなり、浮腫んで大変でした。

 

日給制でお給料もソコソコよかったのですが、足への負担が大きく、ずーっと立っていないといけませんし、慣れないヒールがあるパンプスを履いていたので、かなり足が痛くなりました。

 

もう少し履きなれたパンプスだったらよかったのですが、あまりヒールがあるパンプスは履かないので、足が慣れず辛く感じていました。

 

パンプスが履きなれると、けっこう楽になると思いますが、結婚式ではヒールが最低でも5cmという指定があったので、なかなか慣れずにきつく感じました。

 

でも日給制でわりと高いお給料だったので魅力たっぷりですし、なかなか良いな〜と思ったので、単発で結婚式のコンパニオンをたまにしていました。

 

学生の頃は時間はたっぷりあってもお金がなかったので、結婚式のコンパニオンは、けっこうお給料もよく魅力的なアルバイトだったので、短期間で稼げるバイトとして登録していました。

 

コンパニオン会社へ登録していると、結婚式があるときに連絡がくるので、そのときに参加していました。配膳などもドリンクなどのお酒類からお料理まで、色々は運んだり、お酒を注ぎにいくなど、お客様の様子を見て行動しないといけないので結婚式の際には、常に目配りをして様子をチェックしていました。

 

かなり厳しい会場だったので、けっこうマナーなども学習することができ、挨拶するときの角度などもきちんと学ぶことができたので、かなり社会勉強することができました。

 

結婚式場のコンパニオンは、足が痛くてもニコニコと笑顔で過ごさないといけませんし、かなり足が痛くなって歩けないほどヒールは無理だな〜と感じ、足への負担が大きかったので、けっこうアルバイトとしては厳しい現状でした。

 

アルバイトの翌日も足が痛いので、しばらくヒールを履いた後は、足が痛くて大変だったのを覚えています。

 

結婚式のコンパニオンは魅力的な仕事でしたが、お酒が入るとお客様も酔って声かけてきたり、ボディタッチする方もいたので、そういう部分は苦手でした。


お勧めのアルバイト求人サイトはコチラ


関連ページ

交通量調査の日払いアルバイトは暇と寒さとの戦いでした。
交通量調査のアルバイトを求人誌や求人サイトでよく見かけます。私も以前、交通量調査のアルバイトをした経験があります。日払い現金払いでした。日払いで現金払いの時はハンコを忘れないようにしたいですね。ハンコがないとお金がもらえないことがあります。
自動車の試運転のアルバイト 人を轢いてしまう検査!?
以前知り合いの紹介で、車の試乗運転モニターのアルバイトをした事があります。知人の車に乗って東京から埼玉方面へ向かいました。どこで行ったか正確には覚えていないですが、広大な土地の試験場に私たちは車で入っていきました。控え室で待っているようにと言われ、どのようなことを車ですればいいかということを説明されました。車が走るコースが控え室のすぐ隣にあるのですが、そこで自動車を運転して一周するようにといわれました。私の番が来たため、車に乗ります。